ROBAO-TALK

robaotalk.exblog.jp ブログトップ

robao-talk No.9

f0234364_655208.jpg



思い出の味。

小さい時に住んでいた、小さいボロ家の裏に

父親が、椎茸の榾木を置いてた。

雨が降ったあと、必ずニコニコしながら

両手いっぱいに椎茸をどこからともなく運んで来た。

少し経ってから榾木があることが分かった。

生の椎茸をもらうと、昔の記憶が蘇る。

檸檬を搾って美味しく頂きました。

旨い。
[PR]
by robaoo | 2010-04-08 09:55 | robao-delicious
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite