ROBAO-TALK

robaotalk.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

robao-tube No.96




理系ミュージック。

言わずと知れた

音楽界のインテリジェンス。

人権保護活動家や熱帯雨林保護活動家

などの側面を持つ。

そんな思考が反映されているかどうかは良く知らないが、

彼が作る音楽は、バンド時代から結構緻密に計算された音だった。

こんな映像を見ると、理系人間的な匂いがする(が実は元国語の先生)

もちろん彼も好きだが

実は、バックで叩いているドラマーが好きで聴いていた。

ザッパ様など、数々の難解な理系ミュージックを支える屋台骨

しなやかなスティックさばきがたまらない。

知的な外見とは裏腹に、実は結構野性的。

オープニングのシンバルワーク

シビレる〜〜。

1:19のレギュラーグリップから繰り出される、斜め30度の・・・(えっ?うるさい?)

失礼しました・・・。



ヴィニー・カリウタ。
[PR]
by robaoo | 2011-05-28 07:52 | robao-tube

robao-tube No.95



色気。

色っぽい日本の女性シンガーは?

っと聞かれたら、真っ先に思いつく人。

彼女を知ったのは、まだ地元の島根のレーベルから

アルバムが発売されてた頃だった。

それから、情熱大陸で放送され

かなり注目のアーティストになった。

この人の色気は、なんなんだろうっと

いつも考える。

しかし、答えは見えない。

以前、載せようと思った矢先

ある音楽博士のブログで

Robaoの気持ちを代弁してたので

その時は失礼した。

それ程、音楽好きの男性達を魅了する女性。

男性では表現出来無い儚さと強さが垣間見える。

ある意味、『金麦』かもしれない・・・(←家庭内ジョークです)

この後ろ姿からは想像出来ない貴方

CD貸します。


浜田真理子
[PR]
by robaoo | 2011-05-27 23:11 | robao-tube

robao-tube No.94



ブルースハープ。

恥ずかしながら

ハーモニカとの違いがよく分からない楽器。

単音十穴ハーモニカをそう呼ぶらしい。

しかし、ブルースハープは

その名の如く、ブルースには必需品。

なんとも艶かしい音が、

その音楽の魅力を、さらに引き出す。

そんなブルースハープの巨匠。

一体、あの手の中では何が起こっているのか!?

まったく解読不能な指の動き。

演奏もさる事ながら、目がいい。

間違い無く、一杯引っ掛けてる。
[PR]
by robaoo | 2011-05-27 22:53 | robao-tube

robao-tube No.93



アナログ。

先日も書いたように

最近は、眠っていたアナログ盤も

聴ける環境へ変身した為

ちょこちょこアナログ盤を聴いてます。

そんな中に、名前すら忘れていた

隠れた名バンド発見。

その名もナザレス。

おーーっと思ったあなた!

素敵です。

こんなPVはもっと素敵。

決して、オヤジバンドフェスティバルの映像ではありません・・・

ちなみに、この曲はカバーです。
[PR]
by robaoo | 2011-05-27 22:27 | robao-tube

roba-tube No.92




孤高のサムピッカー

サムピックと言うピック(ギターの弦を弾く道具)がある。

普通のピックと違い、指に嵌めて弾く。

一般的には、ピックは人差し指と親指で

はさんで弾く。

もともとはカントリー界の巨人 チェットアトキンスによって

発明されたものらしい。

以前、試してみたが、これがまた難しい。

そんなサムピック使いの達人

決して順風満帆では無かった半生

そんな自らの魂が乗り移ったかのプレイ

音だけ聴いてたら、彼が白人だとは

決して思わなかっただろう。

最高のブルースロックを奏でる男。

彼のカバーなら、相方も認めてくれるだろう。

チラチラ見える腰回りに、ドキッとするのは

robaoだけだろうか

オスカルさまを連想してしまった・・・。

かたじけない。
[PR]
by robaoo | 2011-05-27 12:35 | robao-tube

robao-tube No.91



懐かしい音。

師匠来ゴテを前に

懐かしい音に浸る日々。

この人のデビューは

衝撃的だった。

なんなんだ、いったい! みたいな。

世の中がデジタルかアナログか

どっちともつかない90年代

アナログな音でぶっちぎった。

圧巻なまでのアナログサウンド

今の彼は知らない。

でも、この頃の彼は素敵過ぎた。
[PR]
by robaoo | 2011-05-25 21:54 | robao-tube

robao-tube No.90




師匠 来御殿場記念。

師匠との出会いは20代前半でした。

先輩から借りたCDを聴いて、一撃で落ちました。

当時、まだ20代前半の自分には色っぽすぎた。

到底、真似など出来るはずは無いけど

この人のように歌いたくて、この人のやっている曲を

よくコピーしました、カバー曲はこの人のアレンジで

多感な時期に、この人の音楽と接して

音楽の魅力、ブルースの魅力を

この人から教わった気がします。

人間的には、決して出来た人では無いかもしれない

でも、そんな部分もこの人の魅力なのだと

大人になってきて思います。

今の自分より若い頃に

ベトナム人孤児を養子に出来るような

そんな人です。

anytime anyplace。

ロープの先っぽは、いつも自由でいたいです。
[PR]
by robaoo | 2011-05-21 06:41 | robao-tube

robao-tube No.89



師匠が来ます!!!!

御殿場に!!!!

『君、毛深いねー』

師匠に言われた、唯一の一言(笑)

7/7  御殿場リンコロ !!!!

robao 泣いちゃうかも・・・

大人の歌に痺れたい方

ぜひ!


房チャンネル

[PR]
by robaoo | 2011-05-18 23:08 | robao-tube

robao-tubu No.88




JR九州に続き

こちらもエラい話題らしい

そりゃー 話題にもなるだろう

素敵過ぎる。
[PR]
by robaoo | 2011-05-06 06:12 | robao-tube

robao-tube No87



エレピ。

スマホとはスマートフォンの事らしい

エレピはエレキピアノの事。

スタッカートの効いた

猫パンチ奏法がたまらない。

エレピの魅力満載の巨匠の演奏

今のインテリジェンスな面影は

微塵も感じない、野蛮なアフロが素敵だ。

こんなファンキーな演奏がいい

Groovy!とは間違い無く

こんな演奏の事だと思う。


Herbie hankock。
[PR]
by robaoo | 2011-05-05 22:20 | robao-tube
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite