ROBAO-TALK

robaotalk.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

robao-talk No.108

f0234364_22502494.jpg


久しぶりに映画を観に行った。

アートコレクターのドキュメンタリー。

NYアートシーンの伝説の二人。

アート云々よりも、二人の生き方が素敵だ

気負い無くシンプルに、情熱的に

この二人のように、純粋でシンプルに生きれたら、

素敵だと思う。

『You don't have to be a Rockefeller to collect art』

誰よりも現代アートを愛している二人。



『Herb & Dorothy』
[PR]
by robaoo | 2011-01-30 22:57 | robao-days

robao-talk No.71



スーパーギターリスト列伝 番外編


突然、このベースラインが頭に降って来た。

いつもの事だが、何の脈略も無く載せたくなった。

たまたま、このギターリストは結構好き。

久々に重い感じを堪能。

彼のプレイを観ていたら

なんで、メタリストが長髪なのか分かりそうな気になった。

でも、なんであんなにベースが低いのかは分からない。

しかし、この場所で、このラインを、あの格好で弾いたら

気持ち良さそうだ。

それにしても、存在感抜群のギタープレイだ。

名前の通りワイルド。

デビュー当時より、カルトっぽさも増してた感じ。

でも、やはりさすがロック界の帝王。

立ってるだけで、この存在感

ドラマティックだ。

一度でいいから、サラサラの金髪を振り乱して

ギターを弾いてみたかった。

想像した貴方・・・負けですよ(笑)

なんで載せてるのか分からないが

肉々しい感じ、気持ち良かった

週末の夜。



OZZY OSBOURNE(Gt:Zakk Wylde)
[PR]
by robaoo | 2011-01-29 23:11 | robao-tube

robao-tubeNo.70



スーパーギターリスト列伝⑩

ハードロック。

メタルでも無く、ロックでも無い

ハードロック。

そんな言葉がピッタリくる音楽がある。

彼の音楽は、まさにそんな感じ。

ライトハンド、ヴァイオリン奏法など

テクニカルな奏法の先駆者。

他の同種のギターリストとは、明らかに一線を画していた。

しかし、彼の音楽が受け入れられたのは

テクニックの面ではないと思う。

それは、彼がエンターテイナーだから。

なんとも楽しそうにギターを弾く彼を観ていると

そんな気がする。

テクニックとはあくまでも手法の一つ。

キャッチなーメロディーが

単純に、心地良い。



Edward Van Halen
[PR]
by robaoo | 2011-01-25 12:40

robao-tube No.69



スーパーギターリスト列伝⑨

昔、メタルが好きだった。

土曜の深夜、Power Rock Todayと言う

ラジオのメタル番組を毎週楽しみにしていた。

ある日、伊藤政則がこの人を紹介していた。

アイリッシュの血統を持ったギターリスト。

翌日、中古レコード店を探しまわった記憶がある。

ストラトを攻撃的にかき鳴らしたかと思うと。

がっつりと溜めるスローブルース。

多分、アンプラグドでカリスマとなった某氏より

自分は、この人の影響の方が大きかったのだと

この映像を観て、改めて思った。

やはり、ギターは顔で弾くものだ・・・

ブリテッシュロック界に多大なる影響を与えた男。

神様の采配が違ったら、間違い無く

この人が、ミスターホワイトブルースだったのだろう。

しかし、今なお多くの根強いファンに愛され続けている。

彼の音は、もう生まれない。

でも、ロックと言うジャンルがある限り

彼の残した道程は消える事は無いと思う。


Rory Gallagher
[PR]
by robaoo | 2011-01-23 16:11 | robao-tube

robao-tube No.68



スーパーギターリスト列伝⑧

Gibson。

ギターリストなら、誰でも知ってる

世界的メーカー。

そのメーカーの中に、レスポールと言う

これまた、誰でも知っているギターがある。

重くて、弾きづらくて、音の抜けもいまいち・・・

正直、あまり好きなギターでは無い。

それは、こんな音で弾く人間が、あまりいないから。

そういう間違ったイメージがつく。

世界で、一番レスポールを美しく弾く男。


Les Paul
[PR]
by robaoo | 2011-01-19 22:53 | robao-tube

robao-tube No.67



スーパーギターリスト列伝⑦

現在のジャズギターを

ここまでモダンに昇華させた張本人。

オクターヴ奏法が一般的になったのは

この人の仕業。

テクニカルな面で

ジャズギター界への功績は大きい

しかし、単純に聴いてみても

やはりいい。

ジャズを小難しいものにしているのは

彼を批評しているような輩。

この演奏を聴いていると

単純に音・メロディーに酔え!

そんな事を言われている気がする。


Wes Montgomery
[PR]
by robaoo | 2011-01-18 08:06 | robao-tube

robao-tube No.66



スーパーギターリスト列伝⑥

ギターを弾かなければ

ただのヘンタイオヤジの彼。

スーパーロングの特注シールドで

客席を縦横無尽に駆け巡る。

人としてどうかは知らない・・・

ただ、テレキャスを弾かせれば

れっきとしたスーパーブルースマン。

音が良すぎ!

尖った感じが最高。

それにしても、

このふざけた顔が素敵だ。

色んな意味で本物。

Albert Collins
[PR]
by robaoo | 2011-01-16 03:11 | robao-tube

robao-tube No.66



スーパーギターリスト列伝⑤

音だけ聴けば、完全に洋物。

日本ギターリスト界のカリスマ。

今の日本ロック界で、

彼から影響を受けなかった人の方が少ないはず。

少年時代からプロとして活躍し

一時はアイドル扱いされた時期も・・・

しかし、現在は間違い無く日本ロック界のカリスマ。

今でも、彼ほど色っぽくギターを弾く日本人は少ないと思う。

50を過ぎてこのプレイが出来るのは素敵だ。

日本人もなかなかやるな!

そんな事を海外のロックミュージシャン達に知らしめた男。



Char


P.S.  私の敬愛するキーボーディスト 小島 良喜の演奏が最高!
[PR]
by robaoo | 2011-01-12 22:29

robao-tube No.65



スーパーギターリスト列伝④

ボトルネックギター。

ウィスキーのビンでギターを弾いたのが由来とか

色々と諸説はあるが、何とも艶かしい響き。

昔、アーリータイムと言うウィスキーのCMで

彼がギターを弾く姿を観た。

バキューン!

一発で命中した。

まさに大人の男の演奏だった。

彼がボトルネックを世に知らしめた功績は大きい。

最近・・・でも無いが、

『ブエナビスタ ソシアル クラブ』での演奏も有名。

『Paris, Texas 』など映画音楽も数多い。

今も尚、多彩なジャンルを探求し続ける姿勢が素晴らしい。


Ry cooder
[PR]
by robaoo | 2011-01-10 19:38

robao-tube No.64



スーパーギターリスト列伝③

『コードは苦手なんだ』

そんな言葉を平然と言ってのける巨人。

また、『歌いながらギターを弾くのは難しい』

なんて事も平然と言ってのける。

なのに、多くのギターリストを魅了する彼の音。

以前誰かが、『一音で人を魅了できれば、それが究極の音楽だ』

などと言っていた事を思い出す。

その究極の音楽に限りなく近い男。

彼の奏でる音、そのものが音楽だと思う。


BB KING
[PR]
by robaoo | 2011-01-09 15:39
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite