ROBAO-TALK

robaotalk.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

robao-talk No.64

burn out

燃え尽き症候群。

一定の生き方や関心に対して献身的に努力した人が期待した報酬が得られなかった結果
感じる徒労感または欲求不満。慢性的で絶え間ないストレスが持続すると、意欲を無くし、
社会的に機能しなくなってしまう症状( Wikiより)

以前、学校の先生にこの症状が増えていると

報じられていたのを見た。

お気楽な自分には、当てはまらないと思っていた。

でも、ここしばらく

自分も、軽いburnout気味だと思った。

長年の蓄積かもしれない。

Wikiによれば『社会的にモラル水準への期待度が高く、

仕事への献身を美徳とされる職業に多い』らしい。

何となくあてはまる・・・ような気がする。

夏のせい・・・にしておこう。

そんな現代病も今日で完治。

一年に一度、自分が生まれ変わる日の朝。

そんな事を思う。
[PR]
by robaoo | 2010-07-31 07:20 | robao-days

robao-tube No.48




ブリティッシュ。

この言葉を聞くと、反射的にロックの事かと思ってしまう。

アメリカンなのかブリティッシュなのか・・・

どちらでいいのかもしれないが

なぜか、似て非なるもの。

どちらかと言うと、自分はアメリカンで

相方はブリティッシュ。

この人は間違いなくアメリカンだと思っていた。

しかし、生粋のブリティッシュ。

この当時は、大御所レオンラッセルをバックに

かなり豪華な布陣。

レオンラッセルが楽曲を提供していた時期もあったらしい。

彼がアメリカンだからだ。

などと、一人ごちてみる。


Joe Cocker 。
[PR]
by robaoo | 2010-07-29 18:58 | robao-tube

robao-talk No.63

言葉。

言葉は発すれば、自分に還ってくる。

良い事も、悪い事も。

そんな気がする。

でも、発さなければ響かない。

響かなければ、心は打てない。

そこが難しい。

良い響きが、自分に還ってくるよう

日々、良い言葉を発したい。

相手の心を打てるように。
[PR]
by robaoo | 2010-07-28 19:48 | robao-days

robao-tube No.46



福音。

もともと、ギリシャ語で良い知らせ(エヴァンゲリヲン)の事を

そう言ったのが起源らしい。

英語では『Gospel』と綴る。

友人を励ます為に書いたであろう名曲。

彼の音は、時にゴスペル的。

心地よい高潮感を感じる。

シンプルなコード進行なのに、何故か奥深い。

こんな素敵な歌を作ってもらえた友は

きっと喜んだに違いない。

ブルースでもソウルでも無い彼の福音。

そんな彼の音がいい。


Bill Withers。
[PR]
by robaoo | 2010-07-27 22:44 | robao-tube

robao-talk No.62

f0234364_2263014.jpg


個性。

今週のコーヒーは

やや浅めの煎りのブラジル。

基本的にバランスが良いとされるブラジル

その豆の個性が知りたくて

色々な豆を試す。

ブレンドは、それはそれで個性がある

それはブレンドする人の個性。

今は、豆自体の個性に興味がある。

この豆は、優等生的。

コクもあり、香りもある、酸味は比較的少なめ

豆の個性を感じるには、丁寧にいれなければ。

すっきり飲めるよう、やや浅に挽くかな。

一人妄想喫茶。

明朝も開店。
[PR]
by robaoo | 2010-07-27 22:16 | robao-delicious

robao-tube No.59



鼓動。

この音楽を聴くと、

そんな言葉が浮かぶ

人間の鼓動

本能が理性を凌駕していく。

音楽は本来

そういう人間の表現から

生まれたに違いない。


SANTIAGO VAZQUEZ。
[PR]
by robaoo | 2010-07-23 23:38 | robao-tube

robao-talk No.61

f0234364_22545075.jpg


クレマチス。

この界隈でクレマチスと言えば

クレマチスの丘。

恥ずかしながら、この鉢植えを貰うまで

クレマチスがどんなやつか知らなかった。

これは原種系のテッセンと言われる品種らしい

白と紫のコントラストが素晴らしい。

自然には敵わないと思う。
[PR]
by robaoo | 2010-07-22 23:03 | robao-days

robao-tube No.46



恋なんかしてないよ。

『君の写真はとってあるよ

 壁にね

 あそこにある汚いシミを隠すためにね

 だから言わないでくれよ

 あの写真返してなんて』

男って言うのは、時にこんな感じなのかもしれない。

今時は、こんな感じならかわいいのかもしれない。

70年代と今では、恋愛観も大きく変わった事だろう。

少し甘酸っぱい、

ラヴソング。

時代を感じるPVがいい。

某CMで聴いた当時から、大好きな曲

たまに、こんな曲もいい。


10CC。
[PR]
by robaoo | 2010-07-21 22:33 | robao-tube

robao-tube No.45



Identity。

近頃、日本のミュージシャン達が

アイデンティティーを大事にし始めている気がする。

Identity:同一性 
『他のものから対立区分されていることで変わらずに等しくある個の性質をいう。』(Wikiより)

一般的に使われている意味では、

self identityの方が正しいのかもしれない。

しかし、彼らが個性という名のIdentityを保持するには

商業では無い音楽によって。

変わらない自分を見いだしたいのかもしれない。

確固たる自分を見いだす為の音。

そんな彼らの音楽は心に響く。


Breath Mark。
[PR]
by robaoo | 2010-07-21 12:20 | robao-tube

robao-talk No.60

f0234364_1953525.jpg


焼肉。

なんとも魅惑的な単語。

ただ、肉を焼いて食べるだけなのに。

肉食男子にとっては憧れの食べ物。

ただ、肉を焼くだけだから奥が深い。

しかし、そんな事を考えて食べた事は無い。

美味いかどうか、楽しいかどうか。

ただ、それだけ。

気の許せる相手だったからなのかもしれない。

しかし、それだけでは無い。

ここのは絶品だ。

知る人には有名店。

らしい。

納得。


菜惣。
[PR]
by robaoo | 2010-07-20 19:58 | robao-delicious
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite