ROBAO-TALK

robaotalk.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:robao-tube( 215 )

クロスオーバー



色々な音楽を融合させる。

昔はクロスオーバーと言った気がするが

最近はなんて言うんだろう。

バンド少年だった頃は、自分達が信じた音楽以外

受け入れられなかった。

打ち込み、YO YO NG。

少し客観的に自分を見れる歳になってくると

意外と音楽に柔軟になってきた気がする。

生バンドなのに、打ち込みっぽい

ハイセンスなアレンジに脱帽です。

なんせ、聴いてて心地よい

3:30くらいから曲が始まります。

この曲のブレイクのところで

雄たけびをあげたい衝動にかられます。

現在ROBAOのマストです。

意外と先祖に共通項があって、なお嬉しい。
[PR]
by robaoo | 2015-02-03 22:00 | robao-tube

嫉妬




嫉妬。

TVに出てくるイケメン達には

最近、ほとんどそういう感情は沸かなくなった

42歳。

でも、どーして、この男にだけは嫉妬する。

このサラっとした容姿に、センス抜群の演奏

ギターセレクトも、いやらしい。

何といっても、コード使い。エロ過ぎる。

とにかく観ていて、ものすごく心地よい。

それが嫉妬なのかどーなのか

この年齢になると、新しい音楽やミュージシャンに

昔ほど熱を上げることは無いが

彼の演奏を見ていると、いてもたってもいられない

そんな衝動にかられる。ありがたい(笑)

抱かれたいギタリストNo.1(笑)
[PR]
by robaoo | 2014-11-05 21:57 | robao-tube

sweet soul



この季節になると

こういう音楽に敏感になる

疲れた心に、しっとりと

深く沁みる。

そんなsweet soulの名曲。

何気に、ハーフタイムシャッフルの

ベースラインが芸術的
[PR]
by robaoo | 2014-10-29 22:14 | robao-tube

カバー



カバーは、なかなか良いと思うアレンジに出会う事は少ない。

仕事帰りにふと耳にした、この人のカバーが、

疲れた心に心地よく響いた。

いいかんじ。
[PR]
by robaoo | 2014-10-15 20:56 | robao-tube

アイドル



アイドル。

自分のアイドルは、間違いなくこの人だ。

高校生の頃、目にしたヤングギターの表紙

それが初対面だった。

白黒の、その表紙に写る彼の立ち姿が、すごく格好良かった。

貪るように記事を読み。どんどんとその世界に惹かれていった。

やっと彼と同じように、ストラトキャスターを手にしたのは

それから4年後だったか

Texas special なるピックアップを搭載したギターで、

0.13というゲージは、さすがに・・・

それでも、0.11と言うゲージで、思いっきり叩くように弾いていた。

そのせいか、早弾きができなくなったが(笑)

そんな学生時代を経て、今もなお自分にとってNo.1ギタリストである事は

紛れもない事実。

没後24年が過ぎた。生きていれば、昨日で60歳。

どんなプレイをしてくれたのだろう。

そろそろ、ストラトに弦を張ろうかな。
[PR]
by robaoo | 2014-10-04 07:55 | robao-tube

かっこいい女性



かっこいい女性。

秋になると、名前とは関係なく

満姉さんの歌が聴きたくなる。

JAZZの土壌でソウル、HIP HOP、ブラジリアンなどの

ビートミュージックをことごとく

自分の世界で歌い上げる。

この人の心地よいパンチ感がいい。

上手いとか、音域がとか・・・そういう部分を超えて来る

この頃、既に50前後。でも、この人の歌は年を重ねて

より上手くなっている気がする。より魅力的な感じ。

美人なのに、男臭い。

ロバ夫的に、かっこいい女性。

Everything's gonna be all right
[PR]
by robaoo | 2014-09-26 20:28 | robao-tube

映画音楽



映画音楽。

無くてはならないもの。

音楽の良し悪しで、その作品の質が変わると思う。

大して映画通では無く、何となく観る事が多い

日曜洋画劇場も大好き(笑)

昔、この映画を観た時に、エンディング近くの

この動画で2:53のシーンでこの音楽が流れた。

図らずも、グッと来てしまった。

それ以来、ロバ夫的青春映画といえば・・・的な存在に。

正直、どちらかと言うとAと言うよりB的な作品かと・・・

でも、エンディングのイントロだけで一人の少年にとって

最高の青春映画になってしまった。
[PR]
by robaoo | 2014-09-14 22:16 | robao-tube

ベース



ギタリストの憧れ

以前ドラムに憧れると書いたが

ギタリストは、とかくリズム楽器に弱い

ベースへも強い憧れがある。

昔、ギターを始めた時には感じなかった

音楽を聴けば聴くほど、リズム隊への憧れが・・・

今では、そう珍しく無いが、最初にこのバンドを

聴いたときは、この手のバンドにウッドベース!

かっけーって強く思った。

このバンドのこの当時の動画。やっとこ見つけた。


そして、我がバンドのベーシストは、いつ未知の領域へ・・・
[PR]
by robaoo | 2014-09-11 20:06 | robao-tube

ブルース



日本のブルースの代名詞的な方。

この人以上にブルースな歌い手はいるのかな?

でも、この人に言わせると、

楽しんでやっていたら、たまたまブルースっぽいだけ

だそうだ。

僕は僕

だそうだ。

そこにブルースを感じる。

こんな空気感が、それに輪をかける。

かっこ良すぎる。
[PR]
by robaoo | 2014-09-08 19:30 | robao-tube

憧れ



mouse on the keys の川島氏のドラム観ていたら

色んなドラムを改めて聴きたくなった。

ギターリストは、とかくドラムへの憧れが強い気がする。

昔から、音楽を聴くときにギターよりドラムを聴くことが多い。

M先輩から勧められこの人のドラムを聴いた時に、

なんてグルーヴィーなんだ!と思った。

すべてが洗練されきっている・・・。

ドラムが、こんなにかっこいいなんて・・・と

トミー・リーを観て以来、思った初めての人かもしれない。

世界最高峰のグルーヴィードラマー。

こんな音を聴かされたら、ドラマーに憧れざるを得ない。

つーか、トライアングル、やべー。
[PR]
by robaoo | 2014-08-24 02:42 | robao-tube
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite